先生教えて!

先生教えて!

どうしたら勉強が好きになれるの?

A. わかる楽しさを知ると、次もどんどん知りたくなるよね。
その知る=楽しい=好き、じゃないかな。
A. 1科目でいいから興味のもてる科目を見つけて、その科目を必死で勉強してみてください。
きっと他の科目に対しても考え方が変わってくるはずだよ。
A. うちの学校の授業を受けてみてください。
キライだった科目が信じられないぐらい好きになるはず♪

将来も決められないし、好きな教科も見つけられません。

A. 高校3年間で興味のあるものを少しずつ探してください。
一所懸命やれば、きっと好きなものが見つかるはず。
私が将来を決めたのは大学を卒業してからでしたよ。
焦らなくても大丈夫!
A. まずはいろいろな情報を集めてみよう!
あなたのアンテナに引っかかることが必ず見つかります。

先生が苦手…。どう接すればいいの?

A. 特別な存在だと思わずに、「高校生を経験した先パイ」
として接してみてはどうですか?
A. いろいろな先生に、笑顔であいさつをすることから始めてみよう!
顔なじみになると、話すきっかけが作りやすいですよ。
A. 私が言うのもなんですが、私も苦手でした。
だから気持ちわかります。安心して話しかけてね!

将来なりたい職業に関係ない勉強をしなくちゃいけないのはなぜ?

A. 勉強って、単に知識を得るためだけでなく、考える力を養ったり、精神を鍛えたりする目的もあるのです。
自分も知らない自分の可能性に気づく。
そんなきっかけになるのが勉強です。
A. 知ってた?
たとえば、管理栄養士になるためには数学が必要だって。
関係がないようで、実はどこか関係があったりするんだよ。
ちなみに、系列の修文大学で管理栄養士がめざせます。

女子校のよさってなんですか?

A. 女性らしい“やさしさ”や“思いやり”をもった心が育ちます。
さらに、女性として21世紀を生きるにふさわしい行動力や実践力を身につけることもできます。
A. 教育活動すべてが女子生徒向けに考えられています。
同じ授業料を払うなら共学校よりも断然お得です。

中学のときに経験がなくてもレギュラーになれますか?

A. うちの部活動はほとんどが高校ではじめた人ばかりです。
それでも県大会の上位をめざして、頑張っている選手がたくさんいます。
また、過去には日本のトップクラスになった選手もいます。ただし、ラクして栄冠はありませんが…。
A. なっている先パイはたくさんいますよ。がんばってください!

部活動をやる意味ってなんですか?

A. 社会に出る前に必要なコミュニケーション能力が身につきます。
将来きっと、かけがえのない時間(とき)だったと思えるはず。
A. 3年間続けてみたら、絶対わかると思うよ!

部活動に入ったら成績は下がりませんか?

A. 逆に成績が上がった生徒をたくさんみてきました。
「両立するぞ!」という心が大切なんですね。
A. 部活動で忙しくしている人の方が、時間をうまく使えるようになります。「文武両道」ですね。
A. 学校の成績と競技の成績には相関関係があって、部活動で結果を残す人は勉強の成績も残します。ゼッタイ。
人生の成績もうなぎのぼりに上がります!

ボランティア活動に参加したいけど、どうすればいい?

A. 本校にオススメのクラブがあります。 「インターアクトクラブ」に入部してください!
A. ボランティアはいつでもどこでもできますよ。
奉仕の心を日常でさりげなく出せる人間が、もっとも美しいボランティア精神をもった人だと思います。
A. ボランティアは心を豊かにします。
機会はたくさんあるので、ぜひ参加してくださいね。

サッカー部を作りたいです。

A. ぜひがんばってください。
パイオニアになるのは大変なことだし、成績を残すのも簡単なことではありません。
が、最後まで投げ出さなければ後にあなたの名は語り継がれるでしょう。
A. 一緒にやる仲間を探したり、先生と交渉したりとパワーがいるけど、絶対いい経験になります! がんばれ!

先輩といっしょに参加する行事があるって本当?

A. うちの学校は学科制なので、体育祭は学科対抗。
学科優勝するために1~3年でがんばります。
いつものクラスメイトとは違った刺激が楽しめますよ。
A. 先パイだけでなく、先生もすべての行事に参加して楽しんでます♪

文化祭ってなんのためにあるの?

A. 同じ目標に向かって、同じ仲間と、同じ時間を共有することで、青春を感じるためのもの。
A. 「友情が生まれる」「団結力がアップする」「自分もクラスも成長する」
結果として、そんな幸せがいっぱい生まれる行事です。
大切なのは、みんなでひとつのことを成し遂げることなんじゃないかな。

自分の中にみんなで盛り上がりたい自分と、どこか冷めた自分がいます。
私って変ですか?

A. 変じゃない! それが当たり前。バランスがとれていいと思います。
「クールに熱く」がかっこいいよね。
A. どこかに冷静さを持っていないと善悪の判断まで誤ってしまう危険があるので、良いことだと思います。
A. それが普通ですよ。
でも、冷めた自分がいなくなっちゃう瞬間もあるんじゃない?
本当に嬉しかったり、恋愛している時とか、ね。
A. オトナになりつつある証拠だね!

みんなで何かすることが苦手。
どうしたら行事を楽しめますか?

A. みんなでひとつのことをする中に、必ず自分の役割があるはず。
「みんなで」という枠にとらわれず、自分の役割を見つけてまっとうすれば、きっと楽しめるよ。
A. 自分にできることから一つずつ、小さなことでもいいからやってみて。
それが結果として、みんなの中での、あなたの大事な役割になります!

制服ってどうしてあるの?

A. 部活動でユニフォームをそろえたり、クラスでTシャツを作ったりすると団結力が高まるよね。
制服って「自分のチーム(学校)が好きだ」っていう「誇り」を持って着るものだと思います。
A. 学校のシンボルなんだけど、便利だよね。
毎日着ていく服を考えなくていいし。
A. 高校生らしさが一番引き立つ装い。
うちの制服のデザインには自信あります!

修学旅行ってなんのためにあるの?

A. 読んで字のごとく「学ぶため」ですが、すごく意味が広いのが修学旅行。
その国や土地のこと、旅行に関する知識やマナー、そして友情と思い出…。
高校時代でいちばん心に残るといってもよい行事です。
A. 夜、部屋で友だちと恋バナをするため。
A. クラスメイトの新たな一面を発見できます。