H24食物調理科3年マジパン細工実習③

食物調理科の3年生がマジパン細工に挑戦しました。

1 日時 平成24年7月30日(月)
食物調理科3年A組(38名) 9:50~11:40
食物調理科3年B組(40名)11:50~14:20
2 場所 集団調理実習室
3 内容 マジパン細工特別実習 「動物」作り
4 特別講師 山田洋彰 氏
(修文大学短期大学部製菓クリエートコーススポット講師)
[講師経歴]
(1)2004年3月国際製菓専門学校卒業
(2)2004年4月東急ホテル入社
(3)ペストリー部製菓製パン担当して現在も活躍
(4)2007年中部洋菓子技術コンテスト技術金賞
(5)修文大学短期大学部製菓クリエートコースのオープンスクールでスポット講師を兼務

《マジパン細工について》
マジパンとは、砂糖とアーモンドを挽いて、練り合わせた
独特の風味を持つ飴のような生地を、動物や果物などさまざ
まな形に成形して着色した菓子である。スペインのトレドや
ラ・リオハ、ドイツのリューベック、シチリアのパレルモな
ど世界の名物洋菓子で、伝統的なウエディングケーキやクリ
スマスケーキなどの祝いの品として重宝される。その起源は
意外に古く、紀元前後には既に主食として食べられていたと
言われている。現在では飾り物というイメージが強く、ケー
キ生地の上におくフィリングとして使用される。